ある日の鉄槌風景

登場人物
長谷川さん 山下さん 藤島さん 木立さん 途中から林さん(二人が気になってわざわざ見に来てくれました!)
藤島さんと木立さんは初めて最初から最後まで自力で張っていきます!どこまで出来るでしょうか!?

職人さんのヘルプが入りました!
張り方や仕上がり具合、この後の進め方を教えてくれています。
こちらのヘルプは林さんですね。
わざわざ見に来てくれました!
そんな中、カンカン!ガチャンガチャン!ガシガシッ!という音が響き渡ります!
段差があり真っ直ぐになっていないところを容赦なく金槌で剥がしていきます。

張ったタイルを剥がすのはせつないですが品質の良いものを提供するのが私たちの仕事の根本です。
妥協できないものは出来ないのです。
張った人はショックだと思いますが現時点で求める技術に達していないということです。
今回の事はしょうがないですね!次に活かしましょう!

こちらが仕上り状況です。
施工前と比べるとタイルを張ると印象が全然違いますね!