「ある日の作業風景2022年7月」

▼入社一年後の様子
これだけ出来れば上等上等!

モルタル塗り

▼タイルの調整
パット見は縦横まっすぐに見えるのですが職人さんにはそう見えないらしく調整しています。
調整幅の大きいところは紙を割いて調整します。
基本的にタイルの調整は紙剥がし前に行い、紙剥がし後は必要最低限の調整で済ませます。
なぜかというと紙剥がしを行う頃にはモルタルの硬化が始まっているからです。

タイル叩き調整(紙剥がし前)

▼タイルの調整
モルタルの硬化が始まっているという事はモルタルの表面が乾き始めているという事です。
濡れたお餅にきな粉は付きますが乾いたお餅にきな粉は付きませんよね。
ですから紙剥がし後、必要以上にタイルの調整をしていると怒られます!
紙剥がし後の調整は手早く必要最低限が鉄則です。

タイル叩き調整(紙剥がし後)