ある日の作業風景「新人さんの実習風景」+MOVIE

登場人物
指導員 吉田さん、初登場、古田さん(経験年数43年、趣味は釣り、タイル張りも釣りの腕前も一級品)!
社員 4/1に入社した新卒の高坂さん、福田さん(3月まで高校生でした、若い!)

 

前日にオリエンテーションを終え、本日から実習です。まずはミキサーを使ったモルタルの作成からです。
吉田さん「ミキサーで混ぜる時は足でしっかりと
バケツを押さえないとバケツが飛んでいきますよー」
吉田さん「ほら、もっとしっかり押さえないと飛んで
行くぞ~」
次はみんなが最初苦労する、そしてセンスが試されるコテ返し!これが出来なきゃタイルは張れません!

吉田・古田「(ニヤニヤしながら)ほら、やってみ」
高坂・福田「これ無理です!(笑)」
予想通りの展開で全員笑っています(笑)

少しですがすくえるようになったので壁に塗ってみます。


やはり最初はぎこちないですね!
去年の藤島さんと木立さんを思い出します。彼らにもこんな時がありました。
(あれからもう1年経ったのか・・・)
分からないなりにアドバイスを受け塗っていきます。
やはり自分で何度も塗ることで感覚で覚えるしかありません。頑張って!
そして・・・
新人を指導している職人さんによく発生するウズウズして自分で塗り始めるという現象が(笑)。
高坂・福田「早ぇええええ!!!」
あまりにも手際が良いので二人には何をどうしているのかよくわかりません・・・。
あっという間に塗り終ってしまいました。
このレベルに辿り着くのは簡単ではありません。
しかし5年で出来るようになるのか10年かかるのかは自分のヤル気次第です!やってやるぞ!という方は職人さんも会社も全力でサポートします!

 

【新入社員の塗り↑↑↑】

【職人の塗り↓↓↓】