ある日の作業風景その3.

登場人物
指導員 長谷川さん(経験年数 驚愕の55年!好きなもの:タイル)
新入社員 藤島さん(入社後4ヶ月の元自衛隊員)

ある日の作業風景:1
今日は作業風景-1,2よりも3倍くらい高い! タイルを張っています。 塗っているのはセメントではなく接着剤に なります。近年、接着剤張りというものが 増えて来ています。
ある日の作業風景:2
接着剤もセメントと同じく均一な厚さを 保ちながら塗っていきます。 この壁一面に今回使用するタイルを張るとガラッと印象が変わりますよ。 写真上部に長谷川さんの手がチラリ。
ある日の作業風景:3
かなり集中しています。
ある日の作業風景:4
カメラに気付いてちょっと意識しています(笑)
ある日の作業風景:5
どうでしょうか?壁の印象がかなり変わったと思いませんか? これは建物が寿命を終えて取り壊されるまでずっと残るんですよ。 もしかしたら人の一生よりも長く残るかもしれません。 私たちのした仕事は建物がある限りずっと人目に触れ続けます。 そんな仕事です。